Dentist

子供に優しい歯医者さん

白い歯

歯科医、というテーマで私が一番に思い付いたのは、子供にとっての歯科医です。私の失敗がその発想に繋がっているのです。子供が歯科医にかかる時、ついつい自分の掛かっている歯科医に連れて行ってしまうものですよね。今、大学生の息子が年中さんの頃ですから、もう15年くらい前のことですが、その時の事をお話します。小さなお子様のいらっしゃる方の歯科医選びのヒントになれば良いのですが。
息子が歯が痛いというので、早いほうが良いと調べもせずに自分がお世話になっている歯科医に連れて行ってしまったのです。初診で、というより歯科医が初めての息子は、診察台に座るなり、倒され「口開けてね」と言われるがまま口を開けます。その時すでに私は、「あっダメだ。」と思いました。息子は不安そうに言われるままに口を開けますが、いきなり大きな手で口の中をイジられ半泣き状態です。横に付いていた私が、「歯の痛いところ調べてくれてるからね」と言いはしましたが、不安は消えませんでした。
して、なんの説明もなく器具を使おうとしたとき、息子が口を閉じてしまいました。もう、診察も無理でした。後で、怖かったと言っていました。その後子供に優しく、まず治療の練習から始めて下さる歯医者さんを探し、やっと治療が出来ました。
皆さんも、大人にとって良い歯科医が子供にも良いとは限りません。よく調べて、不安の無い治療をしてあげてください。

オススメ記事